小アルカナ意味一覧・タロットカードまとめ!種類や解釈・枚数は56枚!

小アルカナ意味一覧・種類や解釈・枚数は56枚!タロットカードまとめ タロットカード
スポンサーリンク

小アルカナカードは56枚あり、日常の細かい変化や出来事を表すカードです。

これらを詳しく読み取っていくことにより、鑑定の精度が上がる重要なカードです。

その意味をコンパクトに一覧にまとめてみました。

これから、小アルカナ意味一覧・タロットカードまとめ!種類や解釈・枚数は56枚!について紹介します。

 

タロットカード小アルカナとは?

タロットカード小アルカナとは?

タロットカードは、78枚のカードで構成されたカードです。

そのうちの22枚が大アルカナカードと呼ばれ、残りの56枚が小アルカナカードと呼ばれるカードです。

 

大アルカナカードに比べると、なじみの少ないカードかも知れません。

しかし、実際にタロットカードで占う際には、重要な意味や背景を持ちます。

大アルカナカードは人生においての大まかな出来事を表しますが、小アルカナカードは日常の細かい変化や出来事を表すカードです。

 

小アルカナカードを読み取り掘り下げていくことで、より鑑定の精度が上がる重要なカードなのです。

 

タロットカード小アルカナの構成

 

小アルカナカードは、

  • ソード(剣)
  • カップ(聖杯)
  • ワンド(こん棒)
  • ペンタクル(金貨)

の4つのスートで構成されています。

 

それぞれが4つのエレメントに分かれ、

  • ソード=風(知性)
  • カップ=水(感情)
  • ワンド=火(創造性)
  • ペンタクル=土(物質的な物)

にあたります。

 

これらのスートは、日常の生活における出来事や背景を表し、タロット占いを適切な解釈に役立ちます。

各スートに分かれることで、普段の日常の出来事での、様々な側面や背景を詳細に知ることが可能になるのです。

 

また、4つのスートの概念を読み解くことで、的確に現在の気持ちや、未来など予知する大事なきっかけになることもあるのです。

 

タロットカード小アルカナは数札と人物札・4つのスートで56枚

 

タロットカード小アルカナカードは数札と人物札があります。

人物札は、「ソード(剣)」「カップ(聖杯)」「ワンド(こん棒)」「ペンタクル(金貨)」

4つのスートの4種類×4=16枚で、数札はエース~10までの合計4種類×10=40枚。

総計56枚のカードになります。

 

数札

  • エース・・・物事の始まりや原点を表します。
  • 2・・・外部を意識し、自ら選択します。
  • 3・・・創造性を示しています。
  • 4・・・これまでに培ってきたものを安定させます。
  • 5・・・4で培ってきたものを、外部に向けて発信していきます。
  • 6・・・他人との協調性や環境に適応することを表しています。
  • 7・・・自己実現を目指すことで、周囲との軋轢を感じることを意味します。
  • 8・・・安定した4がさらに進み、成果を得られることを示しています。
  • 9・・・物事の終わりを表しています。
  • 10・・・完成と次なるステージが始まることを示しています。

 

人物札

  • ペイジ・・・人物札では1番幼い人物で、純粋さ・幼稚さ・従順さを意味しています。
  • ナイト・・・若さを象徴し、チャンスの訪れや変化を表しています。
  • クイーン・・・落ち着いた女性を表し、受容性や思いやり、可能性を示しています。
  • キング・・・成熟した男性で、責任・権力の象徴です。

 

ワンド(棒)小アルカナの意味と解釈一覧

ワンド(棒)小アルカナの意味と解釈一覧

ワンドのエース

  • 正位置・・・創造性・原点・誕生・出発
  • 逆位置・・・終わり・破滅・終着

 

ワンドの2

  • 正位置・・・成功・財産
  • 逆位置・・・安定を揺るがす問題・失望

 

ワンドの3

  • 正位置・・・希望・未来への期待
  • 逆位置・・・失望・停滞・諦め

 

ワンドの4

  • 正位置・・・心休まる休息・喜び・調和
  • 逆位置・・・正位置と同じ意味

 

ワンドの5

  • 正位置・・・闘争・紛争・葛藤
  • 逆位置・・・状況の悪化・混迷

 

ワンドの6

  • 正位置・・・勝利・良い結果
  • 逆位置・・・喪失感・敗北・自信喪失

 

ワンドの7

  • 正位置・・・忍耐・抵抗・有利に進める
  • 逆位置・・・諦め・戦意喪失・疲労

 

ワンドの8

  • 正位置・・・行動・迅速な展開
  • 逆位置・・・停滞・遅延・スローペース

 

ワンドの9

  • 正位置・・・慎重・守りの姿勢
  • 逆位置・・・恐れる・臆病

 

ワンドの10

  • 正位置・・・重圧・負担・責任
  • 逆位置・・・現実逃避・無責任

 

ワンドのペイジ

  • 正位置・・・良い知らせ・冒険心・元気
  • 逆位置・・・浮足立つ・優柔不断

 

ワンドのナイト

  • 正位置・・・出発・勇気・未知へのチャレンジ
  • 逆位置・・・無謀・失敗・中断

 

ワンドのクイーン

  • 正位置・・・自信・情熱・アグレッシブ
  • 逆位置・・・我が儘・嫉妬・独りよがり

 

ワンドのキング

  • 正位置・・・行動力・決断力・力・安定
  • 逆位置・・・横柄な態度・威圧的・独善的

 

ワンドのエース

ワンドのエース

・正位置・・・新しい物事の始まりや、良い知らせが舞い込んでくることを暗示しています。

以前からやってみたいことがある人は、挑戦するのに良い時期です。

仕事の新規開拓や、新しいアイデアを進めてみると上手くいくでしょう。

行動を起こすことで、物事がスムーズに進むことを暗示しています。

 

・逆位置・・・気力、体力ともに低迷しており、意欲や情熱を失っていることを示しています。

不運も続き、何をやっても上手くいかないでしょう。

問題を先送りしがちなので、目の前の課題には真摯に取り組みましょう。

 

小アルカナワンドのエースの意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ワンドの2

ワンドの2

・正位置・・・絵柄を見て見ると、領主が自分の領地を感慨深げに眺めていることから、自分が築いてきた成果や財を表しています。

よって、このカードは努力に見合った正当な評価を得られることを示しています。

その評価や成果にあなた自身が納得をしているのです。

困難や犠牲を乗り越えて、達成感や安定を得られることを暗示しています。

 

・逆位置・・・逆位置が出ると、安定して平和だった日々が一転して、突発的な問題が起こり、不安定な状態になることを示しています。

今まで積み上げてきたものが、危機にさらされて、おぼつかない状態になるでしょう。

また、変化や未知の物事への恐れを意味しています。

 

小アルカナワンドの2の意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ワンドの3

ワンドの3

・正位置・・・出ていく船を見守っていることから、未来への望みや期待、希望を意味しています。

しかし、まだまだ成熟しているわけではなく、未来への希望に溢れています。

まだ、成果には現れていませんが、新しいことにチャレンジしたいという意欲を示しています。

 

・逆位置・・・一方、逆位置ではやりたいことや計画はありますが、希望的観測や机上の空論であることを意味しています。

計画や企画が、現在のあなたの実力に見合ってはいないようです。

しっかりと計画を練り直して再考すべきであることを示しています。

このまま強引に進めてしまうと、諦めなくてはいけなくなってしまい、失望を味わう可能性があります。

 

小アルカナワンドの3の意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ワンドの4

ワンドの4

・正位置・・・平和、仕事の完成や休息などを意味しています。

忙しかった毎日に区切りがついて、つかの間の休息を得られることを暗示しています。

これまでの問題が解決して、安息の日々が訪れるでしょう。

また、このカードには争いの終わりや、旅から帰ってくるという意味もあります。

 

・逆位置・・・休息は得られますが、つかの間のものであるという暗示です。

休息はできますが、心から安らげることはないでしょう。

完全に休みが取れているわけではないので、ミスをしないように用心するに越したことはありません。

根本的な問題が解決しているわけではなく、一時停戦といったところでしょう。

 

小アルカナワンドの4の意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ワンドの5

ワンドの5

・正位置・・・紛争、争いを示しています。

現在のあなたも争いの渦中に身を置いているのかもしれません。

それぞれが、自分の正義を振りかざしているので、収拾がつかない状態のようです。

あらゆる方向から火の粉が降りかかってくるので、自分を守ることで精一杯であることを示しています。

 

・逆位置・・・正位置よりも、さらに混沌とした状態に陥ることを暗示しています。

あなたの周囲も混乱しているため、自分を見失ってしまいそうです。

そもそもこれといった解決策がないので、やり過ごすのが一番です。

自分だけが原因ではないので、自ら動くことは避けた方が無難でしょう。

 

小アルカナワンドの5の意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ワンドの6

ワンドの6

・正位置・・・勝利、成功や自信を表しています。

スポーツの試合や仕事で良い結果を得ることを示しています。

あなたの成果は、周りの人からも祝福されて、次への活力や自信へと繋がります。

また絵柄の中で多くの人を従えていることから、リーダー的な役割を担うことを意味しています。

 

・逆位置・・・正位置とは反対の意味になります。

敗北を味わい、自信を失って劣等感を抱えることを示しています。

その原因は、あなたの油断や虚栄心が招いたものです。

コツコツと真摯に取り組んでいたのなら、敗北感を味わうことはなかったかもしれません。

気持ちを引き締めて物事に当たりましょう。

 

小アルカナワンドの6の意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ワンドの7

ワンドの7

・正位置・・・自分が敵よりも高い場所にいることから、有利に戦いを進めることができることを意味しています。

しかし、絵柄を見ると周りに味方がいないことから、勝利を収めるものの、孤独になってしまいます。

成果を得られる代わりに、信用を失ってしまうでしょう。

 

・逆位置・・・逆位置になると、一転して一方的にやられてしまい、戦意を喪失してしまうことを暗示しています。

優柔不断な姿勢のせいで、不利な状況が続くでしょう。

周りからの協力を得られず、疎外感が増すことを示しています。

 

小アルカナワンドの7の意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ワンドの8

ワンドの8

・正位置・・・物事の神速な変化や、目まぐるしく状況が変わることを示しています。

周りの変化が激しい時なので、あなた自身もそれに応じた対応に迫られます。

よって、普段から予想外の出来事への想定や準備が重要なカギになります。

普段からきちんと準備ができていれば、心配はないでしょう。

しかし、できていない場合は、予想外の出来事に翻弄されてしまうことを意味しています。

 

・逆位置・・・物事が停滞して遅れてしまうことを示しています。

一生懸命にあなたが努力しても、周りの影響から思い通りにはならず、イライラしてしまうでしょう。

その状況下でどう対応していくか、冷静な判断が必要となります。

 

小アルカナワンドの8の意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ワンドの9

ワンドの9

・正位置・・・防御策の内側にいることから、慎重で守備的であることを意味しています。

現在直面している問題や仕事に対して、守りを固めて持久戦に持ち込んだ方が良いでしょう。

衝動的に行動したり、思い付きで安易な発言をすることは控えてください。

将来に備えて慎重になるべき時です。

 

・逆位置・・・逆位置が開かれると、内向的になり現実逃避に走る傾向があります。

失敗を恐れて、何をするにも消極的になってしまいます。

自分ひとりで悩み、引きこもってしまうので、客観的な視点が必要です。

信頼できる人に相談し、今の状況を冷静に判断しましょう。

 

小アルカナワンドの9の意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ワンドの10

ワンドの10

・正位置・・・重い10本のワンドを無理して運んでいるような様子から、重圧や苦難、過労を示しています。

忙しさのあまりに、同時進行していることが多すぎて、苦労しているようです。

責任感が強いゆえに、負担を感じながらも、我慢してやり続けていることを示しています。

時には、休息を入れましょう。

 

・逆位置・・・一方、逆位置になると、疲労に耐え切れなくなり、抱えていた物を投げ出して現実逃避してしまうことを暗示しています。

何もかもが嫌になり、責任を放棄してしまうでしょう。

結果、物事が停滞し周りにも迷惑をかけることになります。

普段から抱え込まずに、他人に相談したり、息抜きをしたりと適度にリフレッシュをしましょう。

 

小アルカナワンドの10の意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ワンドのペイジ

ワンドのペイジ

・正位置・・・このカードは、冒険心やポジティブさ、良い知らせを意味しています。

青年が旅人の装束を着ていることから、積極的に新しいことを吸収したいという冒険心を表しています。

新たな発見や学びを通して、喜びを得られて、それが自信につながるでしょう。

また、ワンドのペイジはメッセンジャーの役割を担っているので、正位置では良い知らせが届くことを暗示しています。

 

・逆位置・・・逆位置では、悪い知らせ、未知への不安や優柔不断を意味しています。

なにかにトライしてみるものの、上手くはいかず心が折れてしまう可能性があります。

それが理由で、経験したことのない事への恐れや、落ち着きのなさにつながってしまいます。

前に進むことに躊躇しているので、物事が進まないでしょう。

 

小アルカナワンドのペイジの意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ワンドのナイト

ワンドのナイト

・正位置・・・ワンドのナイトは、積極的に新しいことにチャレンジする勇気があることを示しています。

情滅を心の内に秘めて、未来に向かって突き進んでいく行動力を持っています。

その先には試練や困難が待ち受けていることもありますが、持ち前の勇敢さと情熱で突き進んでいくことでしょう。

 

・逆位置・・・逆位置では正位置とは意味が逆になってしまいます。

無謀な挑戦で出足をくじかれて、失敗をし、自信を失ってしまうでしょう。

息巻くものの、実力不足ですぐに停滞してしまう可能性があります。

それによって、新しいチャレンジを恐れて、動揺して冷静さを欠いてしまうという悪循環に陥ってしまうでしょう。

 

小アルカナワンドのナイトの意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ワンドのクイーン

ワンドのクイーン

・正位置・・・ワンドのクイーンは、情熱や活発、自信を表すカードです。

自分の行動に、確固たる自信を持ち、情熱的に目標に向かって進んで行きます。

また、このカードが開かれた時は、ワンドのクイーンのような女性との関わりも意味しています。

 

・逆位置・・・正位置での情熱や活発さがマイナスに働いて、傲慢で自分勝手な行動が目に付くようになるでしょう。

また、周囲への嫉妬心から感情的になり、周りに対して攻撃的になり煙たがられてしまうことも。

本来、プライドの高い性格なので、思い通りにならないと気が済まず、苛立ちを覚えるでしょう。

また、そのような女性からの過干渉で悩む可能性があるので、注意しましょう。

 

小アルカナワンドのクイーンの意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ワンドのキング

ワンドのキング

・正位置・・・ワンドのキングは、情熱、決断力や行動力などを示しています。

今にも動き出そうとしている様子からも、自分の決断に自信を持っていることをうかがわせます。

自分自身を高め、努力してきたからこそ、今の地位や権力があるのでしょう。

しかし、人を上手く使ったり、人に任せてしまうことはしませんので、よく言えばカリスマ性がありますが、マイナスに作用するとワンマンになります。

 

・逆位置・・・逆位置の場合は、感情的になり過ぎる傾向があり、横柄な態度や威圧的な発言が目立つようになります。

ワンドのキングの悪い点が目立ち、その行動が止まりません。

周りも腫れものを触るような扱いをするので、独善的な態度が改まることがなかなかありません。

みんなが、あなたから離れて行ってしまう可能性があるので、冷静になることが必要です。

 

小アルカナワンドのキングの意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ペンタクル(金貨)小アルカナ意味と解釈一覧

ペンタクル(金貨)小アルカナ意味と解釈一覧

ペンタクルのエース

  • 正位置・・・お金が手に入る・財政の改善・大切なものを入手
  • 逆位置・・・お金を失う・財政の悪化

 

ペンタクルの2

  • 正位置・・・バランス・遊び・楽しみ
  • 逆位置・・・現実逃避・不摂生・アンバランス

 

ペンタクルの3

  • 正位置・・・技術の向上・学習・能力の向上
  • 逆位置・・・怠惰・能力不足・平均的

 

ペンタクルの4

  • 正位置・・・貯蓄・お金への執着
  • 逆位置・・・強欲・浪費

 

ペンタクルの5

  • 正位置・・・厳しい現実・困窮・貧乏
  • 逆位置・・・混乱・貧困

 

ペンタクルの6

  • 正位置・・・施し・慈善活動・分配
  • 逆位置・・・けち・欲望・自分本位

 

ペンタクルの7

  • 正位置・・・見守る姿勢・生育
  • 逆位置・・・投げ出す・諦め・過保護

 

ペンタクルの8

  • 正位置・・・技術の向上・勤勉
  • 逆位置・・・手抜き・虚栄心

 

ペンタクルの9

  • 正位置・・・豊かさ・安定
  • 逆位置・・・依存・不誠実・不貞

 

ペンタクルの10

  • 正位置・・・故郷・家族愛
  • 逆位置・・・束縛・足かせ・家庭問題

 

ペンタクルのペイジ

  • 正位置・・・初心・希望・学び
  • 逆位置・・・怠惰・利益に目がくらむ

 

ペンタクルのナイト

  • 正位置・・・経済的な安定・報酬・成果
  • 逆位置・・・マンネリ・頑固

 

ペンタクルのクイーン

  • 正位置・・・豊かさ・成熟した生活
  • 逆位置・・・虚しさ・退屈・失望

 

ペンタクルのキング

  • 正位置・・・合理的・安定・成功
  • 逆位置・・・富への執着・打算

 

ペンタクルのエース

ペンタクルのエース

・正位置・・・物質的な豊かさや成功を表し、良い意味を持つカードです。

もし、経済的に困窮しても、どこかから救いの手が差し伸べられるでしょう。

心の豊かさを示すカードでもあるので、精神的にも安定していると言えます。

 

・逆位置・・・大きな損失や経済的な破綻を意味しています。

資産や権利、財産を失う可能性があります。

また、損失を出した時には、ダメージが大きいので普段から堅実な生活を心掛けましょう。

 

ペンタクルの2

ペンタクルの2

・正位置・・・陽気さ、楽しみ、バランスを取ることを表しています。

また、趣味に没頭することを示しています。

器用さはありますが、実益には結びつかないでしょう。

 

・逆位置・・・引きこもりや浪費、不摂生を示しています。

現実逃避に走り、自分の殻に引きこもって趣味に没頭し、浪費を繰り返す可能性もあります。

現実に目を向けて、規則正しい生活を心掛けましょう。

 

小アルカナペンタクルの2の意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ペンタクルの3

ペンタクルの3

・正位置・・・自分の技術や能力の向上のために努力を重ねることを意味しています。

周りの人々と協力して、何かを成し遂げることができるでしょう。

自分の技術や知識を磨くことで、正当な成果を得られることを示しています。

 

・逆位置・・・一方、逆位置では、能力の不足による手抜き、停滞を表しています。

日頃の努力不足がたたり、未完成で終わったり、試験に不合格してしまうなど、結果が出ないでしょう。

物事に真摯に向き合う姿勢が大切だと伝えているのです。

 

小アルカナペンタクルの3の意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ペンタクルの4

ペンタクルの4

・正位置・・・物質的な欲望を表すカードです。

金銭欲や所有欲から、お金に執着して懐にため込むでしょう。

しかし、それを投資などに有効に活用することはありません。

また、自分の考えに固執し、視野が狭くなることを示しています。

 

・逆位置・・・逆位置では、私利私欲に目がくらみ、浪費や出費がかさむことを意味しています。

そのためにどんどん強欲になり、周りから批判的な目で見られるでしょう。

その結果、孤立してしまう可能性があります。

 

小アルカナペンタクルの4の意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ペンタクルの5

ペンタクルの5

・正位置・・・このカードは、貧しさ、生活難など厳しい現実を示しています。

金銭的な問題に直面するという意味と、精神的に貧しくなるという意味も持ち合わせます。

心の休まることがないのかも知れませんね。

 

・逆位置・・・経済的な危機に直面することを暗示しています。

リストラにあう、予想外の大きな支出があるなど生活が乱れそうです。

お金が無いことが原因で、精神的に追い詰められることを意味しています。

 

小アルカナペンタクルの5の意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ペンタクルの6

ペンタクルの6

・正位置・・・正位置では、慈善活動や公平な態度で恵みを分け与えることを意味しています。

自分に余裕があることで慈善活動をする、または他人にアドバイスする聖職者のような精神を示していて、誰に対しても平等で公正な判断ができるでしょう。

 

・逆位置・・・一方、逆位置では正位置とは反対の意味になります。

欲望に忠実で、自分本位な言動が目立ちます。

周りが困っていても、自分だけは利益を得ようとします。

 

小アルカナペンタクルの6の意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ペンタクルの7

ペンタクルの7

・正位置・・・作物の様子を気にしていることから、成長を見守り収穫を得ることを示しています。

今までの自分の行いの成果が明らかになる時です。

努力に見合った結果が得られることを暗示しています。

 

・逆位置・・・逆位置では、さぼり癖が出て途中で投げ出してしまうことを示しています。

コツコツと成果を積み上げることができずに、挫折してしまうでしょう。

現実を直視せず、結果を出すことができないことを意味しています。

 

小アルカナペンタクルの7の意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ペンタクルの8

ペンタクルの8

・正位置・・・勤勉で真面目な様子を示しています。

やるべきことをコツコツと積み上げて、努力しその結果、成果を得ることができるでしょう。

1つのことに専念すると成功が待っていると暗示しています。

 

・逆位置・・・やるべきことをやらず、結果が伴わないことを意味しています。

1つのことに腰を据えて取り組むことができず、あれこれと手を出してしまいがちです。

成果を出したいのであれば、1つのことに集中しましょう。

 

小アルカナペンタクルの8の意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ペンタクルの9

ペンタクルの9

・正位置・・・このカードは、満たされて安定した生活や、経済的に援助する立場であることを示しています。

あなたは、人としても魅力あふれる人物なので、他の人からの支援を得ることができます。

それによって成功を収めることを意味しています。

 

・逆位置・・・逆位置の場合、お金に目がくらんで、無駄遣いをしたり、お金に依存することを意味しています。

自分で収入を得る努力を怠り、現実逃避する可能性があります。

誰かに依存するばかりではなく、自らの力で自立しましょう。

 

小アルカナペンタクルの9の意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ペンタクルの10

ペンタクルの10

・正位置・・・家族の団らんが描かれていることから、良好な家族関係や穏やかさを意味しています。

アットホームな中、家族との関係も良く、平和そのものです。

日々の生活もお金に困ることはなく、満ち足りたものです。

その他の人間関係も良好だと言えます。

 

・逆位置・・・逆位置では、家庭内の問題や、家族からの束縛に苦しむことを暗示しています。

自由になりたくても、家族の存在が重くのしかかります。

また、相続などお金も問題が発生する可能性があります。

 

小アルカナペンタクルの10の意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ペンタクルのペイジ

ペンタクルのペイジ

・正位置・・・初心を忘れず真摯に物事を学ぶ姿勢があることを示しています。

勤勉に学ぼうとする姿勢は、他の人からも一目置かれるでしょう。

学んだことが収入にもつながることを意味しています。

 

・逆位置・・・一方、逆位置では、お金に目がくらみ浪費してしまうことを表しています。

本来の勤勉さもなくなり、怠惰な生活を送るでしょう。

お金に関する悪い知らせが舞い込む可能性もあります。

 

ペンタクルのナイト

ペンタクルのナイト

・正位置・・・正位置が出た場合は、目標が達成されて成果を得ることを暗示しています。

自分のすべきことを着実に取り組み、必ずやり遂げる信念があなたにはあるようです。

周りに影響を受けることなく、我が道を行くでしょう。

 

・逆位置・・・逆位置では、融通の利かなさや意志の弱さが現れます。

その為に、目標や計画が前に進まなくなるでしょう。

柔軟さに欠けるので、肝心な場面で力を発揮することができないことを示しています。

 

ペンタクルのクイーン

ペンタクルのクイーン

・正位置・・・正位置は、経済的な安定や精神的な豊かさを表すカードです。

お金よりも精神的な満足を求めているようです。

家族の温かみやスローライフをあなた自身が求めている可能性があります。

 

・逆位置・・・生活面では安定しているものの、束縛されてしたり、引きこもったりと自由がない様子を表しています。

そんな生活に失望し、やる気を失くしている状態かもしれません。

今の生活に満足できていない様子が伺えます。

 

ペンタクルのキング

ペンタクルのキング

・正位置・・・ペンタクルのキングは、合理的な判断で周りを退けて、地位や権力を手にすることを示しています。

そして、その権力や富を手放すことはないでしょう。

現在の地位や権力を守るためには、非情になるかもしれません。

 

・逆位置・・・自分を守るためなら、なりふり構わず他人を蹴落とすことを示しています。

自分の地位を守ることに必死になっているようです。

しかし、そこまでして地位や権力に執着しても、心が満たされることはないでしょう。

 

ソード(剣)小アルカナ意味と解釈一覧

ソード(剣)小アルカナ意味と解釈一覧

ソードのエース

  • 正位置・・・制裁・決断・勝利
  • 逆位置・・暴力・残忍・無慈悲

 

ソードの2

  • 正位置・・・バランス・調和・選択
  • 逆位置・・・アンバランス・断絶

 

ソードの3

  • 正位置・・・ショック・トラウマ・悲しみ
  • 逆位置・・・自傷行為・疑念・困惑

 

ソードの4

  • 正位置・・・停止・降伏・休息
  • 逆位置・・・復活・再開・復帰

 

ソードの5

  • 正位置・・・残忍・裏切り
  • 逆位置・・・虚しさ・自信喪失・屈辱

 

ソードの6

  • 正位置・・・回復・危険回避・援助
  • 逆位置・・・迷走・停滞・変化がない

 

ソードの7

  • 正位置・・・欺く・泥棒・狡猾
  • 逆位置・・・誠実・気配り・誠実さ

 

ソードの8

  • 正位置・・・無力・束縛・現実逃避
  • 逆位置・・・自由・変化・解放

 

ソードの9

  • 正位置・・・精神的苦痛・悲観・マイナス思考
  • 逆位置・・・回復・好転・問題解決

 

ソードの10

  • 正位置・・・終わり・力尽きる・終焉
  • 逆位置・・・再起・幸運・希望

 

ソードのペイジ

  • 正位置・・・警戒・猜疑心・緊張
  • 逆位置・・・裏切り・不信感・野心

 

ソードのナイト

  • 正位置・・・勇敢・率直・攻撃的
  • 逆位置・・・無謀・狂気・独断

 

ソードのクイーン

  • 正位置・・・冷静・知性・問題解決
  • 逆位置・・・残忍・孤独・批判的

 

ソードのキング

  • 正位置・・・指導力・洞察力・冷静
  • 逆位置・・・無慈悲・独善的・冷酷

 

ソードのエース

ソードのエース

ソードのエースは、雲の中から手が伸びて、剣を握っている絵柄です。

 

・正位置・・・正位置は、法に基づく公平な判断を下すことを意味しています。

あなたは確固たる意志を持って、様々な判断を下していきます。

時には非情な判断を下すこともありますが、その結果、目標を達成することができるでしょう。

 

・逆位置・・・一方、逆位置では無慈悲な判断で、躊躇なく他の人を切り捨てていくことを暗示しています。

それでも、目標達成には至らず、あなたにとっては手痛い敗北となることでしょう。

周りも自分も辛い思いをする可能性があります。

 

小アルカナソードのエースの意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ソードの2

ソードの2

・正位置・・・剣を胸の前にクロスして掲げている様子から、均衡を保ちバランスをとるという意味を持ちます。

しかし、目隠しをしていることから、何かの拍子に均衡が崩れてしまうことを暗示しています。

今にも崩れてしまいそうな危うさを秘めています。

 

・逆位置・・・逆位置では、バランスが崩れてしまうことを示しています。

緊張感を抱えながら、均衡を取ってきましたが、気持ちが吹っ切れて解放されるでしょう。

ただし解放感は味わえるものの、問題が根本的に解決したわけではないということに注意してください。

 

小アルカナソードの2の意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ソードの3

ソードの3

・正位置・・・何かトラウマになるような衝撃的な出来事が起こり、精神的にショックを受けることを示唆しています。

悲しみを感じ、深く傷つくでしょう。

 

・逆位置・・・何故だかわからない不安や心配事に振り回されることを意味します。

そのため、心がざわつき動揺や困惑を感じることでしょう。

一旦冷静になり、現状を見つめ直す必要があります。

 

小アルカナソードの3の意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ソードの4

ソードの4

・正位置・・・横たわっていることから、休息や停止を意味しています。

今まで取り組んでいたことが一段落し、休みを取るべきだということを伝えているのです。

次に備えて、英気を養いましょう。

 

・逆位置・・・逆位置では、止まっていた物事が再開することを示しています。

停止期間を経て、動き出すべき時が来たことを意味しています。

気力、体力ともに回復して運気が上昇するでしょう。

 

小アルカナソードの4の意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ソードの5

ソードの5

・正位置・・・正位置の場合は、利己的な行動による勝利を表しています。

勝利は得られますが、強引なやり方で得られたものなので、周囲の理解は得られないでしょう。

周りの空気が読めずに、孤立してしまうことを暗示しています。

 

・逆位置・・・逆位置では、一転して敗北感を味わうことになりそうです。

罠にはめられたり、詐欺に遭うなどして心が折れてしまうかもしれません。

欲望に目がくらんで、大切なものを失ってしまう可能性があるので、注意が必要です。

 

小アルカナソードの5の意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ソードの6

ソードの6

・正位置・・・このカードは、状況が改善する、危機を脱するなどの意味があります。

その危機回避には支援者が関わってくるようです。

その支援者によって、苦難が終わり、状況が回復することを示しています。

 

・逆位置・・・逆位置は、現状の問題が解決せずに、停滞することを示しています。

ひたすら耐える日々が続くでしょう。

現状の問題を1つ1つ見直していくことで、解決に向かう可能性がありますので、冷静に見つめ直してみて下さい。

 

小アルカナソードの6の意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ソードの7

ソードの7

・正位置・・・正位置は、抜け駆けして利益を得ようとすることや、狡猾さを表しています。

結果的に目標は達成できますが、そのやり方の狡猾さから、周りからの信用を無くしてしまいそうです。

 

・逆位置・・・逆位置では、良い意味での解釈になります。

誠実で細やかな気配りが、周りからの支援につながります。

謙虚な現状が幸運を呼び込むので、常に誠実な対応を心掛けましょう。

 

小アルカナソードの7の意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ソードの8

ソードの8

・正位置・・・身動きが取れずにいる姿から、問題に囚われてしまい、身動きが取れないことを示しています。

四面楚歌の状態で、つらい状況にあるようです。

その結果、自分の中に引きこもってしまうでしょう。

 

・逆位置・・・逆位置では、問題の原因が明らかになることを意味しています。

しかし、具体的な解決策がないために、思い悩んでしまいます。

混乱して自暴自棄にならないように、気を付けましょう。

 

小アルカナソードの8の意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ソードの9

ソードの9

・正位置・・・悲嘆にくれる様子から、精神的な苦痛や絶望を暗示しています。

壁に掲げられた9本の剣は身体を貫くように掛けられていることから、苦しみの深さを表しています。

トラウマになるような悲しみを、体験することになるかも知れません。

 

・逆位置・・・これまでの深い悲しみや絶望からは解放されることを示しています。

しかし、現状に変化があるわけではありません。

気持ちは楽になるので、現状について考える余裕は出てきます。

1つずつ問題を解決していきましょう。

 

小アルカナソードの9の意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ソードの10

ソードの10

・正位置・・・倒れているその姿から、物事の終焉や力尽きることを示しています。

これまでなんとかしようと頑張ってきましたが、ついに最後を迎えることを意味しています。

災難や不運によって、その頑張りが終わりに向かうことになりそうです。

 

・逆位置・・・一方、逆位置では、起死回生や新たな希望を意味しています。

苦しみが終わり、新たな一歩を踏み出し今後に希望が持てるでしょう。

物事が良い方向へと向かうことを暗示しています。

 

小アルカナソードの10の意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ソードのペイジ

ソードのペイジ

・正位置・・・絵柄から、警戒や観察をするという意味を持ちます。

自分の今まで築いてきたものが奪われるのではないのかと、心配になっているようです。

自分の身や地位を守ろうとしていることを意味しています。

 

・逆位置・・・逆位置では、野心的になり自分の地位を守る以外に、権力や利益などに興味を持ち、のし上がって行くことを望んでいます。

しかし、自分の力で身を立てるのではなく、人の弱みに付け込むなど狡猾な手段を取ることもあります。

それぐらい出世欲が強いことを意味しています。

 

小アルカナソードのペイジの意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ソードのナイト

ソードのナイト

・正位置・・・正位置では、勇気や前のめりの姿勢を示しています。

考えもなく、猪突猛進に突き進んで行くでしょう。

良い面もありますが、独りよがりな行動が周りとの軋轢を生むこともあるので、冷静な判断が求められます。

 

・逆位置・・・自らの言動に、実力が追いついていないために、先走りになりがちです。

それにより、物事が上手くいかなくなり、停滞することを示しています。

周りからの反感を買うので、強引な行動は慎みましょう。

 

小アルカナソードのナイトの意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ソードのクイーン

ソードのクイーン

・正位置・・・正位置の場合は、クールで高い知性や判断力を示しています。

情に流されることなく、公平な判断ができるでしょう。

その一方で、冷淡過ぎて融通が利かないこともあると言えます。

 

・逆位置・・・逆位置では、冷静さが実慈悲や冷酷に見えてしまうでしょう。

その結果、周りから理解が得られず、孤立してしまいます。

自分の意見や考えを、相手に強要しないようにしてください。

 

小アルカナソードのクイーンの意味を詳しく知りたい方はこちら

 

ソードのキング

ソードのキング

・正位置・・・裏表がなく、知的で深い洞察力を示しています。

落ち着いて、的確な判断ができるでしょう。

 

・逆位置・・・逆位置は、独裁的、融通が利かないことを意味しています。

冷静さがマイナスの方向に作用し、利己的になってしまい、周りから煙たがられてしまうかも知れないので、気をつけましょう。

 

小アルカナソードのキングの意味を詳しく知りたい方はこちら

 

カップ(聖杯)小アルカナ意味と解釈一覧

カップ(聖杯)小アルカナ意味と解釈一覧

カップのエース

  • 正位置・・・良い知らせ、祝福、愛情
  • 逆位置・・・傷心、愛情不足

 

カップの2

  • 正位置・・・良好な対人関係、恋愛成就
  • 逆位置・・・離縁、失恋、絶縁

 

カップの3

  • 正位置・・・コミュニティー、喜び、楽しみ
  • 逆位置・・・自堕落、排除、隔離

 

カップの4

  • 正位置・・・停止、不満、退屈
  • 逆位置・・・新たな展開、開始

 

カップの5

  • 正位置・・・喪失感、悲嘆、損失
  • 逆位置・・・気持ちの回復、明るい兆し

 

カップの6

  • 正位置・・・追憶、再開、思い出
  • 逆位置・・・過去の呪縛、盲目

 

カップの7

  • 正位置・・・妄想・机上の空論
  • 逆位置・・・具現化、現実的

 

カップの8

  • 正位置・・・執着の放棄、失望、決別
  • 逆位置・・・継続、粘り強さ

 

カップの9

  • 正位置・・・喜び、成果、目標達成
  • 逆位置・・・不満、現実逃避、満たされなさ

 

カップの10

  • 正位置・・・家庭円満、充実、安心
  • 逆位置・・・家庭不和、亀裂、不安

 

カップのペイジ

  • 正位置・・・幼さ、無垢、純粋
  • 逆位置・・・怠惰、世間知らず

 

カップのナイト

  • 正位置・・・求婚、愛情、理想の相手
  • 逆位置・・・不誠実、誘惑

 

カップのクイーン

  • 正位置・・・援助、愛情
  • 逆位置・・・執着、嫉妬、我が儘

 

カップのキング

  • 正位置・・・寛容、親切心、成熟
  • 逆位置・・・節操がない、不誠実

 

カップのエース

カップのエース

・正位置・・・正位置は、カップから聖水があふれ出す様子から、愛情で満たされる幸福感を感じることを意味しています。

結婚、出産などの慶事を暗示します。

精神的な安定と安らぎを感じることでしょう。

 

・逆位置・・・心が傷ついて、失望感や落胆を味わうことになるかも知れません。

愛情の喪失や信用を無くすなどして、立ち直れないほどショックを受ける可能性があります。

精神的なダメージが大きいことを意味しています。

 

小アルカナカップのエースの意味を詳しく知りたい方はこちら

 

カップの2

カップの2

・正位置・・・パートナーとの幸せな時間が過ごせそうです。

2人の世界に浸り、甘い時間を過ごすことができるでしょう。

お互いを尊重しあい、良い関係を築くことができるように努力を続けましょう。

 

・逆位置・・・お互いの気持ちが冷めてしまい、別れを予感させます。

相手への不満や不信感から、2人の間に溝が開いてしまうでしょう。

こうなると、関係の改善はなかなか難しいでしょう。

 

カップの3

カップの3

・正位置・・・仲の良い友人たちと楽しい時間を過ごすことができる暗示です。

お祝いをしている絵柄から、良い知らせが舞い込んでくることを示しています。

周りの人間関係も順調であることを意味しています。

 

・逆位置・・・人間関係は希薄になり、あなたの心に疎外感や疑いの気持ちが現れます。

知り合いとの関係もうわべだけの付き合いになり、寂しさを味わうでしょう。

その結果、物事に身が入らなくなってしまう可能性があります。

 

カップの4

カップの4

・正位置・・・今の自分に不満や閉塞感を感じながらも、身動きが取れない状態を表しています。

なにか直接的な原因があるわけではありませんが、気分が冴えないでしょう。

自分の内側に引きこもってしまい、積極的な行動ができない状態であることを示しています。

 

・逆位置・・・これまでのモヤモヤしていた気分が晴れて、心機一転したように行動的になります。

自分の中で気持ちを切り替えて、過去の自分と離別し、前を向くことができます。

引きこもっていた殻を破り、未来に向けて飛躍できるでしょう。

 

カップの5

カップの5

・正位置・・・正位置は、ネガティブな思考に陥り、失った物を思い出して嘆き悲しむことを意味しています。

いつまでも過去に囚われて、前を向けないようです。

全てを失うわけではないようなので、プラスに考えることが大切です。

 

・逆位置・・・マイナス思考から解放され、前に進むことができることを示しています。

失った物を嘆くよりは、それを糧に進むことを選択し、気持ちが軽くなります。

前向きな思考により、運気も上昇するでしょう。

 

カップの6

カップの6

・正位置・・・過去の栄光をいつまでも忘れることができずに、抜け出すことができないことを表しています。

変化を恐れていたり、現状を受け入れることができないでいます。

それによって、物事が停滞してしまう可能性があります。

 

・逆位置・・・過去の出来事から強い影響を受けて、前に進めないことを示しています。

未来に希望を抱くことができず、変化をおそれて保守的になってしまうでしょう。

神経質になり、人のアドバイスにも耳を貸すこともないようです。

 

カップの7

カップの7

・正位置・・・現実離れした、空想や妄想に影響を受けているようです。

理想ばかりを追い求めて、現実が目に入らないでしょう。

現実逃避し、地に足がつかない状態です。

 

・逆位置・・・正位置とは反対の意味になり、現実に目を向けることができます。

しかし、厳しい現実の前に心が折れてしまいそうです。

精神的なダメージを受けながらも、前に進むことができるので、停滞している物事が解決に向かうことを意味しています。

 

カップの8

カップの8

・正位置・・・過去と決別して、新たなスタートを切ることを意味しています。

これまでの成功や実績に全く未練はないでしょう。

執着がなくなり、心穏やかな状態を表しています。

 

・逆位置・・・今の生活への執着があり、変化を望みつつも、一歩踏み出すことができないようです。

決断ができずに迷っている状態を表しています。

 

カップの9

カップの9

・正位置・・・自分の望んだものを手に入れることができ、満足感や達成感をかみしめていることを意味しています。

今までの努力が実り、花開く時がきました。

思い描いた理想の生活ができることを暗示しています。

 

・逆位置・・・豊かさを手に入れても、満足できない様子を表しています。

欲が出て、現状に満足できずに、独善的になる可能性があります。

物質的に満たされても、心は満たされないでしょう。

 

カップの10

カップの10

・正位置・・・幸せそうな家族が描かれていることから、円満な家庭、平和、愛情を示しています。

収入などの物質的な満足ではなく、精神的に満たされます。

穏やかな生活を送ることができそうです。

 

・逆位置・・・家庭での不和や対人関係で悩みを抱えることになりそうです。

自分が求めていた幸せとかけ離れた状態に陥り、肩を落としてしまうでしょう。

 

カップのペイジ

カップのペイジ

・正位置・・・素直さや幼さを表すカードです。

純粋な心を持ち、直感で行動します。

また、メッセンジャーの役割があるので、良い知らせが届くかもしれません。

 

・逆位置・・・若さがマイナスに働き、わがままで世間知らずの面が顔を出します。

また、自分に甘いことから現実逃避してしまう可能性があります。

現実を見つめ直し、冷静になることが大切です。

 

小アルカナカップのペイジの意味を詳しく知りたい方はこちら

 

カップのナイト

カップのナイト

・正位置・・・白馬にまたがったナイトの絵柄から、理想的な異性との出会いや、人から認められることを意味しています。

恋愛では、素敵な相手から求婚される可能性もあります。

ロマンティックな恋愛が望めるでしょう。

 

・逆位置・・・一方、逆位置では、甘い誘惑や詐欺に注意しましょう。

あなたを騙そうとする人が近づいてくる可能性があります。

都合の良い話には注意しましょう。

 

小アルカナカップのナイトの意味を詳しく知りたい方はこちら

 

カップのクイーン

カップのクイーン

・正位置・・・母性に溢れた女性との関わりを意味しています。

自分の周りに該当する人物がいたら、その人から援助があるかもしれません。

また、自分が穏やかで余裕のある状態を指します。

 

・逆位置・・・逆位置では、感情的になり、生活が乱れることを暗示しています。

また、嫉妬や欲深い女性に騙されたり、標的にされる可能性もあるので、注意が必要です。

 

小アルカナカップのクイーンの意味を詳しく知りたい方はこちら

 

カップのキング

カップのキング

・正位置・・・このカードは、冷静、寛容、成熟した心などを表しています。

自らの強い意志が揺らぐことはなく、自信に満ち溢れています。

周りからの信頼も厚いでしょう。

 

・逆位置・・・自己中心的で節操がない様子を示しています。

周りの人を振り回し、迷惑をかけてしまうでしょう。

また、そんな男性が近づいてくる可能性があるので、注意が必要です。

 

小アルカナカップのキングの意味を詳しく知りたい方はこちら

 

小アルカナ意味一覧・タロットカードまとめ!種類や解釈・枚数は56枚!まとめ

 

小アルカナ意味一覧・タロットカードまとめ!種類や解釈・枚数は56枚!について紹介しました。

バラエティーに富んだ絵柄があり、1枚1枚にも多くのメッセージが込められていましたね。

小アルカナは、占う内容や開かれた場所や状況に応じて、いろいろな意味に変化します。

自分の言葉で相手に分かりやすく、リーディングが行えるといいですね。

 

タロットカード
スポンサーリンク
supisupi.|スピリチュアル・占い
タイトルとURLをコピーしました