ソード6相手の気持ちの逆位置正位置アドバイス・恋愛未来の意味小アルカナは?

小アルカナソード・6・意味・逆位置・正位置・相手・気持ち・アドバイス タロットカード
スポンサーリンク

船を漕ぐ男性とその前に座っている親子の後ろ姿と、船に刺さっている6本の剣が印象的な、小アルカナカードのソードの6。

このカードはどのような意味を持つのでしょうか?

そして正位置と逆位置では、意味にどのような違いがあるのかも気になりますね。

これから、小アルカナソードの6の意味は?逆位置正位置や相手の気持ちアドバイスについて紹介します。

 

「あの人を振り向かせたい…」「あの人の気持ちが知りたい…」

チャット占い「寿寿-JUJU-」なら

・活躍中の占い師が多数在籍
・初回だけの無料ポイントプレゼント
・チャットのやりとりは簡単操作

小アルカナソードの6の意味

小アルカナソードの6の意味

小アルカナソードの6は言葉や情報、知性を表す風のエレメントに属しています。

数字の6は想像や発展を表す3の倍数であり、六芒星など美しい物の象徴で「調和」を表す数字です。

ソードの5での戦いを経て、調和を目指して新たな解決方法を模索する旅に出かける様子が描かれています。

 

船に乗っている二人
女性と子供が乗船しており、親子のように見えます。

シングルマザーを指すこともあります。

二人とも不安そうな後ろ姿ですが、祝福を表す黄色の服を着ているので、これから先の未来に希望を見ていることがわかります。

 

船に刺さっている6本の剣
思考・情報・言葉を表す剣が船に刺さっている様子がうかがえます。

帆がない船で、まるで帆の役を担っているように見えます。

このことから、新しい考えや価値観を身に付けることができるということを示しています。

 

船頭
ギリシャ神話に出てくる船頭のカロンを彷彿とさせます。

カロンは人の魂をあの世へ導く霊界の旅に出てくる船頭ですが、ここでは死とは無関係の意味で捉えましょう。

価値観や考えの変化などの精神的な旅の象徴です。

 

水面
船の手前は波が立っていて、奥は凪いでいます。

乗船している人物が少し不安を抱えつつも、未来に希望を持ち落ち着いた心の状態を表しています。

 

ソードの6正位置の意味

ソードの6正位置の意味

ソードの6正位置のキーワードは、危機からの脱出・支援者の登場・現状の回復・苦難の終わり・現状の変化です。

あなたが今置かれている状況に、変化が現れることを示唆しています。

進学、転職、転勤、部署の移動、旅行、引っ越し、結婚など何かが新しく始まりそうです。

予想外の展開になりそうですが、良い結果が得られることを示しています。

 

悩んでいたことも解決でき、問題も自分の手から離れていきます。

急な変化に戸惑うこともあるかもしれませんが、身を任せてみてください。

 

自分が今までこだわってきたことを見直す、古い価値観を変えるなど転換期に来ています。

考え方を変えることで、新たな可能性が生まれます。

ソードの6は、まさにより良い環境へ一歩踏み出すタイミングの訪れを教えてくれています。

 

ソードの6逆位置の意味

ソードの6逆位置の意味

ソードの6逆位置のキーワードは、変化のない現状、停滞、迷走、困惑です。

このカードが出た場合は、トラブルによって物事が停滞する、なかなか現状から抜け出すことができないことを示唆しています。

助けてくれる人が現れ、あなた自身が努力してもあまり変化が見られずイライラしてしまうでしょう。

 

正位置の「状況が変化する」の逆の結果になることを暗示しています。

あなたのこだわりや今までの価値観がマイナスの方向に作用している可能性があります。

 

そのせいで新しい考え方や物に対応できず、あなた自身が一番戸惑っているでしょう。

今までの価値観や行動に固執していないか、もう一度自分自身を見つめ直してみましょう。

もし、思い当たることがあったのなら変えてみてください。

 

目的やゴールは今までと変える必要はありません。

考え方やアプローチを見直してみると、打開策が見つかるかもしれません。

これがきっかけで、問題が解決するといいですね。

 

ソードの6恋愛リーディング・相手の気持ち

 

正位置
今までのトラブルがなくなり、好転することを暗示しています。

パートナーと良好な関係である場合は、二人の仲がより親密になるでしょう。

お互いの価値観や気持ちを理解し、寄り添っていくことができます。

もし、トラブルを抱えていたとしても、改善策が見つかるでしょう。

 

しかし、パートナーとの間に溝があった場合は、別れに発展する可能性も否定できません。

引っ越しなどの移動を表すカードでもあるので、そのことがきっかけになるかもしれません。

二人で再出発をするのか、一人で新たな道を行くのかを判断するには、他のカードを読み解く必要があります。

 

正位置の時の相手の気持ちは、心の中が落ち着いている状態です。

物事をよく考えて、自分の気持ちを整理しています。

あなたに好意を持っている場合は、価値観を共有し、これからさらに二人の仲は深まるでしょう。

 

 

逆位置
逆位置の場合は、困難な課題を抱えていて進展が難しいことを示しています。

二人の気持ちの整理がつかずに二人の関係は停滞している状態です。

このまま行くと、二人はお互いに違う方向へと進んで行くことになりそうです。

 

お互いに気持ちが冷めて、よそよそしい空気になります。

お互いに本音で話す必要がありますが、話し合いの結果、別れを選んでしまう可能性もあります。

あなた自身も自分の気持ちを整理しておく必要がありそうです。

 

逆位置の場合での相手の気持ちは、このまま二人の関係を続けるべきか、別れるべきかで迷っていることを示しています。

二人の関係は停滞しており、このまま続けても改善が見込めないと感じています。

 

しかし、なかなか話し合いに踏み切る勇気が持てずに悩んでいる状態です。

まだどうするのか決心がついていないようです。

せかさずに少し見守ってみましょう。

 

ソードの6未来リーディングの時の意味

 

正位置
未来のことを占いソードの6が出た場合は、今の苦しい現状から抜け出すことができるという暗示です。

苦しい時を経て、新たなステージへと向かいます。

 

今はまだ辛くて、困難な状況かもしれません。

しかし、それが徐々に改善して痛みや苦しみは遠ざかって行きます。

 

そして新しいスタートを切り、輝かしい未来に向かって歩んで行きましょう。

少しずつですが、運気の上昇を感じ取ることができるでしょう。

また、物理的な移動を表すカードなので、近い将来に旅行に出掛けたり、転勤・転職・進学などで引っ越しをしなくてはいけなくなる可能性があります。

 

逆位置
未来のことを占い、ソードの6が出た場合は、正位置とは逆の意味を表します。

あなたの未来には困難が待ち受けている可能性があります。

次から次へと問題が起きる、リスクを避けたくても避けきれない、問題が解決しないなど困難な状況に陥ってしまいます。

 

また、けがや病気が悪化するかもしれません。

しかし、ここは耐え忍ぶしかありません。

止まない雨はありません。

いつか状況は少しずつ良くなります。

 

せめて困難が最小限になるように、今から何かあった時のために準備をしておきましょう。

あらゆる場面を想定し、備えておいてください。

困難に立ち向かうことであなた自身の成長へとつながります。

 

ソードの6仕事リーディングの時の意味

 

正位置
仕事のことを占い、ソードの6の正位置が出た場合は、変化の兆しを示唆します。

あなたの助けになってくれる人が現れ、停滞していた現状が良い方向に向かうことを表しています。

 

例えば、仕事上で問題が起きて思うように進まなかった案件が、新たな人材や意見を取り入れることで再び進み始めるなど、事態が好転します。

また、部署が移動する、転勤する、転職するなど、あなたが移動し新たなスタートを切る可能性もあります。

 

あなたが自分の意思で決定するというよりも、あなたの今までの努力が認められての移動でしょう。

この場合はこの好機の流れに身を任せた方が良い結果をもたらします。

 

逆位置
仕事のことを占い、ソードの6の逆位置が出た場合は、今のあなたの仕事が停滞することを意味します。

根本的な内容の見直しや逃げられない問題にぶつかるでしょう。

トラブルが起こる、業績が伸び悩むなどの困難が待ち受けている可能性があります。

 

そして、あなた自身のやる気にも問題がありそうです。

仕事上の目標や将来が見えずに迷走しています。

転職や独立を考えるものの、決断ができない状態です。

 

あなたの気持ちがこの状況の一因となっています。

自分がこれからどうしていきたいのか、冷静に分析してみましょう。

少し現状から距離をおいて、客観的に考えてみるのもよいでしょう。

 

ソードの6が出た時のアドバイス

 

正位置
ソードの6の正位置は、物事が好転するという意味を持つカードです。

今、困難であっても周りの人の助けとアドバイスで問題が解決していきます。

このカードはソードのカードの中でも良い意味を持ちます。

 

ソードの5のような争いを遠ざけた結果で得た現状の回復です。

根本的な問題がもしかして残っているかもしれないので、引き続き油断しないように努力を続けましょう。

明るい未来を信じて前向きに進んで行きましょう。

 

逆位置
ソードの6の逆位置が出た場合は、困難や心配事がしばらく続くことを暗示しています。

仕事でのトラブル、病気、対人関係の問題など避けたくても避けられない状況に陥る事でしょう。

あなたはそのことを不安に感じます。

しかし、そこから逃げ出しても根本的な解決にはなりません。

 

いつか好転することを信じて耐え忍ぶか、困難に立ち向かうかを選ばなくてはいけません。

すべてを投げ出すのではなく、自分自身で受け止めましょう。

冷静になり問題を見つめ直して、解決の方法を探ることが最善策でしょう。

 

ソード6相手の気持ちの逆位置正位置アドバイス・恋愛未来の意味小アルカナは?まとめ

 

ソード6相手の気持ちの逆位置正位置アドバイス・恋愛未来の意味小アルカナは?について紹介しました。

小アルカナソードの6の正位置は、困難からの脱出や物事が好転するという意味を持つカードでしたね。

一方、逆位置は困難からなかなか抜け出せない、一度トラブルが解決してもまた繰り返すということを示していました。

絵柄の船に乗る人のように新しい門出を象徴するカードです。

それまでにいろいろと苦労があったことでしょう。

しかし、苦しいことや辛いことを乗り越えた先には光が見えてきます。

明るい未来を信じて前向きに進んで行けるといいですね。

 

タロットカード
スポンサーリンク
supisupi.
タイトルとURLをコピーしました