表札やってはいけない・落ちると縁起が悪い?風水で防犯やスピリチュアルで不吉?

やってはいけない・表札・風水・効果的・選び方・いい・位置 風水・スピリチュアル
スポンサーリンク

 

最近では防犯上、表札のない家も増えていますが、風水ではとても重要なアイテムだということをご存じでしょうか。

運気の流れをよくするために効果的な表札の位置や、素材の選び方、文字の入れ方にも、やってはいけないとされるいくつかのルールがあります。

効果的に幸運を呼び込む玄関を作るために、風水的にいい表札の位置や、意外と知らない素材の選び方をご紹介します。

知らず知らずにやってはいけない表札の出し方をしているかもしれませんのでチェックしてみてくださいね。

 

風水においての表札って?

風水においての表札って?

風水において、表札は重要な意味を持ちます。

表札がないと神様が「この家には人が住んでいない」と思い、幸運を運んでくれないと言われています。

 

玄関をきれいにしていても、幸運の神様に気づいてもらえないといい運気は入ってこないですよね。

家の中を運気が流れるように整えていても、そもそもいい運気が入ってこないのでは意味がありません。

 

家の入口である玄関に表札を出して、神様に人が住んでいることを認識してもらいましょう。

表札のない家は全体的な家運が落ちると言われています。

 

やってはいけない!表札の風水は?

やってはいけない!表札の風水は?

表札を出さないことが一番のタブーですが、どんな表札でもいいというわけではありません。

 

やってはいけない表札についてご紹介します。

やってはいけない素材
プラスチックやアクリルなど人工的な素材は使いやすいので人気ですが、家の運気を下げるのでおすすめしません。
家の顔としては自然素材のほうがおすすめです。
もう一つ、ガラスの素材や陶器などの割れやすい素材は家族の不和につながると言われているため避けた方がいいでしょう。
やってはいけない文字の入れ方
表札の文字を凹状に彫る文字の入れ方や、薄い色で書かれた字は風水ではやってはいけません。
墓石と同じ彫り方になってしまうため縁起が悪いと言われています。
色の薄い字も運気を下げると言われているので避けましょう。
汚れたままの表札はNG
家の顔である表札は汚れのない状態にしてください。
いつも玄関掃除のときに軽くふいてチェックし、ひび割れなどを見つけたら早めに補修するか取り替えてくださいね。

 

表札の風水運気があがる効果的な選び方

表札の風水運気があがる効果的な選び方

では運気が上がる表札とはどのようなものでしょうか。

 

まず、素材で最適とされるのは天然木です。

自然のエネルギーを持つ表札は、邪気をはねのけ、よい運気を呼び込んでくれます。

 

天然木を使わない場合は、白系の表札がおすすめです。

黒っぽい色は家の運気を下げると言われます。

表札には白系か、ナチュラルな色がおすすめです。

 

文字の入れ方ですが、文字が浮き上がって見える「浮き彫り」という彫り方がベストです。

濃い墨でしっかりと名前を書くと運気が上がります。

文字は風格のある「楷行書」という字体がおすすめです。

 

そして、世帯主のフルネームの縦書きがいいとされています。

家族全員の名前を入れるのは風水的にはNGですのでお気を付けください。

最も縁起が良いとされるサイズは横8.8cm×縦21cm×厚さ3cm程度です。

 

つまり、昔ながらの縦書きのフルネームで書かれた浮き彫りの表札が風水的には一番おすすめということですね。

 

風水的にいいおすすめの表札の位置は?

風水的にいい表札の位置は?

取り付け方ですが、風水的には長方形の縦型のものを、目線より少し高い位置に設置するのがいいとされています。

右側からいい運気がやってくるとされているので、ドアの右側に取り付けることができればベストですが、家の玄関のデザインに応じて調整してください。

 

基本的には、門柱や門扉に取り付けるよりも玄関横に取り付けるほうがいいとされています。

明るい太陽が差し込む南向きに玄関があるといいのですが、そうでない場合は表札が明るく目立つようにライトで照らしてあげるのもおすすめですよ。

 

表札出さないは風水的に悪い?

 

表札を出さないようにするのは、風水的にはどうなのか見ていきましょう!

 

家の前に表札を出していないと「主の不在」を意味してしまい、家の運気が下がってしまいます。

その家には誰も住んでいないということになる為「良い気」が入ってこず、総じて家の中の気の巡りも悪くなります。

 

家運の気の入り口である玄関が、せっかく整理をしてきれいに清掃していても表札が無ければ運気が入ってこなくなり、意味がなくなってしまいます。

 

表札を出すことで期待できる効果は、全体運のアップ。

全体運がアップすることで、自然と家庭運や健康運なども上がっていきます。

 

風水的にも表札は出しておいたほうが良さそうです!

 

表札が落ちるのは縁起が悪い?

 

表札が落ちると、何か縁起が悪いことが起きるような気がして不安になりますよね。

物が落ちるときには、スピリチュアル的にはこのような意味があります。

  • 厄落とし
  • 人生の節目
  • 自分を見つめなおす機会
  • コンディションの低下

 

表札が落ちたからといって、不吉なことが起きる前触れではないので安心してくださいね。

ただ、波動が下がっていることや自分を見つめなおす機会であることを教えてくれている場合があります。

何もしてないのに表札が落ちたら、一度立ち止まってしっかりと自分と向き合う時間を作るといいでしょう。

 

表札やってはいけない・落ちると縁起が悪い?風水で防犯やスピリチュアルで不吉?まとめ

 

表札やってはいけない・落ちると縁起が悪い?風水で防犯やスピリチュアルで不吉?についてご紹介しました。

運気を呼び込むために効果的な表札は、天然木で縦長の浮き彫りで世帯主の名前をフルネームで書いた表札でした。

表札を出すのにおすすめの位置は、玄関の右側の目線より高い位置です。

ご紹介した「やってはいけないこと」も参考にしながらライフスタイルや玄関の雰囲気に合わせて素敵な表札を選んでくださいね。

 

風水・スピリチュアル
スポンサーリンク
supisupi.|スピリチュアル・占い
タイトルとURLをコピーしました